2010年07月04日

組織の力

W杯も大詰め。
応援しているチームが残っていると、
睡眠不足が気になる頃ですね。

ドイツ代表熱烈応援中なので、睡眠不足…を通り過ぎて、
最近、体内時計までおかしくなってきているようなorz...

それでも、結果がよければ見てよかった〜♪となるわけです。

ドイツ‐アルゼンチン戦も見て良かったです。
正直、厳しいかなと思ってました。
個の力では圧倒的に相手のほうが有利。
私の周りもどちらかと言うとアルゼンチンを応援している方が多い。

もし勝つとしたら、
ドイツの圧倒的な組織の力が個の力をねじ伏せた時。

そんなこんなで試合が始まってみると、
前半始まってすぐにあっさりとドイツが先取点。

キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

ここから少しの間、ドイツが主導権を握っていました。
何度かあったチャンスを決められなくて、
逆に厳しい時間が続きます。
ここを踏ん張ったのが大きな勝因だと思います。

今大会でのドイツ代表の大きな特徴はただひとつ。

ボールを奪ったら全員が同じタイミングですぐに前を見る。
ボールを失ったら全員が同じタイミングですぐに守備に戻る。

特に攻撃の時はテレビの画面でもはっきり確認できます。
これが恐ろしく早いカウンターの理由なんだろうなって。

守備の時は
1人で駄目ならすぐにフォローがやってくる。
ほんの数センチのところでも諦めないで足を出してみる。

オシムさんが解説で言ってましたが、
サッカーは11人でやるものなんだなって実感しました。

後半に入って、アルゼンチンの時間帯が続きましたが、
クローゼが追加点。
少し相手が気落ちした所を見逃さず、
フリードリヒがダメ押し。
ここで勝負あったんでしょうが、さらにクローゼがとどめ。

もう大丈夫だなと思ったのは3点目でしたが、
勝てるかもしれないと思ったのは前半のあるシーン。

前半の中頃、
アルゼンチンのパスをシュバイニーがカットしたシーン。
アルゼンチンが押せ押せの状態だったときで、
このパスカットでアルゼンチンの選手の表情が
「また〜?」というか「うわぁorz...」というか、
ちょっと嫌だなぁという表情をしたのが映ってました。

点を取っている選手が注目されてますが、
実はしっかり後ろでシュバイニーが目を光らせている。
攻撃的なイメージが強かったので、
この変身は嬉しいびっくりデス。

さぁ次はスペイン。
ミューラーが累積で出られないけれど、
恐らくクロースが代役?
これに勝ったら決勝戦。

がんばれ( ゚д゚)!!!ドイツ代表!!!

[サッカーショップ加茂]ドイツ代表アウェイユニフォーム
posted by Calimero at 21:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

マリノス スクール
Excerpt: “補欠”中村俊輔の“控え”,"狩野健太"(横浜Fマリノス)は,"本田圭佑"より優れていま... “補欠”中村俊輔の“控え”,"狩野健太"(横..
Weblog: 1分で読む今日の芸能ニュース
Tracked: 2010-07-05 13:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。