2010年06月28日

ドイツの勝利に酔いしれる

ドイツ代表サポーターの皆様、やりましたね。
嬉しいです。
この対戦が決定した時に、
まさかこんな結果になろうとは…。

先制点はクローゼがDFごと引きずっていった強さから生まれたもの。
これが今のドイツのサッカーというのを見せてくれたのは、
2点目以降だったでしょう。

これまでのドイツのサッカーってどちらかと言うと質実剛健。
面白くないとか色々いわれてましたが、
あそこまで国のサッカーが変わったというのは衝撃的。

4点目のきっかけ、エジルの突破で

うひゃ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ! ! !
(ほとんど壊れる…)

いいものを見せてもらいました。

大ブレイク中のエジル。
ガスさんとこの羽生に似てるって言われてるみたいですが、
我が家ではデスノのニアに似てるって言ってました。
その前は 羽生≒ニア だったので、結局は同じってことでw

例のジャッジの件。あれは入ってます。
今のサッカーのルール上、
審判が入ってないと言えば入っていないので、
ランパードにはかわいそうだけれどノーゴール。
これもサッカー。
因縁として語り継がれて行くんでしょう。

ドイツの次の相手はアルゼンチン。
シュバイニーはメッシを止められる?
エジルはファンタジーなプレーを繰り出す?
今度はジャッジが主役にならないように。
良い試合を期待しています。

[サッカーショップ加茂]2010ワールドカップ関連商品
posted by Calimero at 13:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154730341
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。